ユーグレナで冷え性が改善できるメカニズム

ユーグレナには59種もの豊富な栄養成分が含まれていますが、この栄養素を活用すれば「冷え性」の改善にも効果が期待できると考えられます。冷え性で悩んでいる人はとても多く、夏場でも冬場でも冷えるという人が増えていますので、ユーグレナを活用して冷え性を改善してみませんか?

冷え性のメカニズム

簡単に冷え性についてお話をしておきたいと思います。冷え性は血流が悪くなることで引き起こされる症状です。血行が悪いと、温かい血液が全身にくまなく巡らなくなってしまいます。特に足先や指先などは血液が行き届きにくい場所なので、血行が悪いとすぐに冷えてしまうのです。

これを踏まえて、血行を良くすれば冷え性は改善出来るという事が分かりますので、そのような効果を持つユーグレナの成分をご紹介していきましょう。

ビタミン類

ビタミンCとビタミンEがユーグレナには含まれています。これらのビタミン類は血液をサラサラにする効果があります。ビタミンEにおいては、抗酸化作用もありますので血液の中にある不要な活性酸素を除去する事ができ、血流がスムーズになると考えられます。

血行が良くなると言うことは、冷え性の改善にも効果があるという事ですから、ユーグレナのビタミン類はとても期待できると思っていいでしょう。

ミネラル類

ユーグレナに含まれているミネラルには「カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・亜鉛・鉄分・銅・リン・マンガン」などがあります。これらの成分はミネラルと呼ばれており、体の中にミネラル類がしっかりと補給されてなければ血行不良を招いてしまいます。

バランスよくミネラルを摂取していく事で、血行不良になる事を予防出来ますし、現に血行が悪い場合には血流を良くすることも可能です。ミネラルをしっかりと補給して、血行を促していくことで冷え性を改善する事が出来るのです。

このように、ビタミンやミネラルの働きによって冷え性の根本的な原因へとアプローチすることが出来ますので、ユーグレナの効果に期待してみてはいかがでしょう。