ユーグレナの潤い効果でみずみずしい肌へ

お肌の潤いが不足していると感じることはありませんか?

乾燥したお肌というのは肌トラブルも起こりやすくなりますし、見た目にもあまり良いものではありません。実はユーグレナには肌を潤いのあるものへと変えてくれる効果があります。一体なにをどうしたらそんな素晴らしい効果を実感できるのか、詳しくお話していきたいと思います。

乾燥したお肌について

まず知っておいてもらいたいのは、乾燥したお肌がどうなっているのかという事です。スキンケアの方法が間違っている場合や、紫外線によるものや、体の不調など原因は様々あります。しかし肌が乾燥していると角質細胞が増えてしまい、さらにまた角質細胞が上乗せされていき、どんどんダメージが増えていってしまいます。

お肌が潤っていると、このような負の連鎖は解消されるのですが、乾燥している状態のままだといつまでも肌が、ターンオーバーできず大変な事になってしまいます。それでは、ユーグレナでどうやって潤いを与えるのかチェックしていきましょう!

アディポネクチンを増やして肌を潤す

ユーグレナは善玉物質のアディポネクチンを増やす作用がありますが、このアディポネクチンという物質は「真皮ヒアルロン酸合成」の働きを促す事も出来るのです。

どういう意味がと言いますと、ヒアルロン酸は細胞と細胞を合成することができ、その働きによって保湿力をキープしています。つまり保湿力をキープする合成の力を、アディポネクチンが促進させてくれることで肌が潤いを失わないようにする事が出来るという事です。

いつまでもみずみずしい肌をキープする為には、アディポネクチンが大きく関係していたという事が分かります。もちろん肌に浸透する潤い成分が含まれた化粧水やクリームなどでケアをしていく事で、より一層の効果を得ることが出来ると考えていいでしょう。ユーグレナと化粧品と併用しながら肌の潤いを守っていく努力をしてみてください。